MENU

 社会人になってから全く出会いもなくて、ずっと恋人がいない状態が続いていたんです。
彼女でもいれば気軽なセックスを楽しむことができるのに、こんな事ばかり考えながらオナニーを繰り返す日々が続いていました。
以前に会社の上司に連れられて風俗に出かけたことがあったのですが、その利用料金には目玉が飛び出そうになってしまったんです。
その時は上司の奢りだったから良かったけれど、これは自分だけでは利用するのは難しいなって感じがしました。
彼女もいないから、結局は休日なんかも引きこもっている事が多くあります。
給料の後などはパチンコ屋に出かけて、時間をつぶしたりもしていました。
しかし給料前ともなると、やはりインターネットを利用して暇つぶしをするような事がほとんどだったのです。
よく利用するのは2ちゃんねるという掲示板です。
古くから大変有名な掲示板であり、さまざまな話題が提供されているために面白く利用していました。
またオナニーのおかずを拾うこともできたりするので、休日などは確実にこれを使っていたのです。
そして、たまたま見つけたのが、2ch掲示板の神待ちスレッドでした。
こんなものまであったのかと中を覗いていると、助けて欲しいという書き込みをみつける事ができたのです。
彼女にレスをしたら丁度、自分の住んでいる近くにいるのが分かったのです。
やりとりを続けるとはと言う間に待ち合わせの約束に発展、こんな美味しい展開は初めてだったから自分でも驚くばかりでした。
かなり舞い上がった気持ちで待ち合わせ場所に出かけていく事になったのです。
このまま会うことができたらセックスは確定だから、まさに棚ぼたじゃないかって感じでした。

相手に会うのが楽しみで、待ち合わせ場所に到着するまであれこれとエロい考えが目まぐるしく頭の中で渦巻いてしまっていたのです。