MENU

 正直な話、自分自身でもこれって信じていい話なのって感じがしていたんです。
助けを求めている家出中の女の子と掲示板でやりとりをすることができ、さまざま相手が自分の近くにいた事もあってアポが決定してしまったんです。
こんな事で女の子と知り合うことができて、セックスに発展するなんて誰だって考えられないんじゃないかって気持ちになると思うんです。
だけど本当に会うことができたら、そのまま連れ込んで一発決めちゃえばいいわけです。
騙されたと思って相手と会うために、ファミレスの近くで待ち合わせをしたのでした。
その場に行くとそれらしい女の子がぽつんと立ち尽くしている姿を見ることができました。
声をかけてみると、さっきやりとりをした女の子であるのは間違いがないようだったのです。
ただし…18歳の女子大生と言っていたのだけれど、どう考えても女子大生に見ることができないような幼さだったのです。
とりあえず食事を食べさせと欲しいとお願いされましたから、ファミレスに入ってオーダーをしていきました。
「本当に女子大生?」
「うん」
そうは言ってもどうやっても高校生ぐらいにしか見えないのです。
とりあえず食事を食べさせ、それからゆっくりコーヒーを飲みながら会話でもして行こうと思いました。
喋っている感じも未成年の匂いが漂っちゃってて、かなりやばいような気がしたんです。
あれほど盛り上がっていたセックスの期待が、一気にしぼんでいく感じでした。
このまま連れ込んでハメハメって考えていたんだけど、未成年に手を出したら大変危険なのはよくわかっていたのです。

こんな事で警察の厄介になってしまったら、会社にいる事もできなくなるし、親にもいろいろ言われてしまうだろうし、とにかく食事だけを奢って別れることにしました。